どっぷり

ドップラー効果+ホイヘンスの原理


ソフト詳細説明

  ドップラー効果  「DOPPLI」 DOPPLID.EXE

  機能限定版:(1)起動数分後で使用できなくなる。


 波源が移動しながら波を出すときの、波長や振動数の変化を調べます。この他に、2波源の干渉、ホイヘンスの原理による円形波、平面波、屈折、反射などを取り扱います。

*使用法
 縦のスクロールバーで、波源の速度や波長を設定してください。メニュー波のタイプでドップラー効果、平面波、屈折などを選んで下さい。
 このあと、ボタン「開始」を押すと運動が始まります。途中で止めるには、ボタン「停止」を、停止後再び続けるには、ボタン「再開」を押します。横のスクロールバーをクリックして表示速度を変化させます。また、少しずつ運動を進めたい場合は「駒送り」を押して下さい。
 ウィンドウズ上でいくつか並べて表示することもできます。

*現象例
 音や水波で、波源が静止した状態で振動数fの波を送り出すとき、波の波面は円状に広がり、波源を中心として半径が波長λずつ異なる同心円となります。
 これに対し、波源が移動して静止した観測が波を観察すると、fと異なった振動数が観測されます。この現象を、ドップラー効果といいます。
 これは、発生した波は円形波となりますが、波源の移動にともなって円の中心がずれるため、波面と波面の間隔、すなわち波長が変化することで、元の振動数と異なった振動数となるためです。これを、画面上で確認してください。

【本の紹介】
 このプログラムは

 「Windowsで知る音声と運動の実験室」CD−ROM付き
      (森北出版:1996年2/18刊行予定) 北村俊樹 著

の中の一つです。この本は、Windows3.1とWindows95の物理用プログラムを扱っており、
 (1)サウンドカードを使っての音声計測・分析・合成
 (2)動き(運動)のある物理シミュレーションプログラム
が含まれています。

動作環境

どっぷりの対応動作環境
ソフト名:どっぷり
動作OS:Windows 3.1
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 北村 俊樹 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

ドップラー  原理  ホイヘンス 


「科学」カテゴリーの人気ランキング

  1. 最小二乗法なのだ! 最小二乗法で近似式を求め、グラフ表示もします(ユーザー評価:0)
  2. RouteMap 地質図作成ソフト(ユーザー評価:0)
  3. 地殻変動シミュレーション 地殻変動を自由に選択し、その結果地層の変化を、模式図で見る(ユーザー評価:0)
  4. 地層のたいせき for Win 非常に長い時間をかけてできる地層を分かりやすく説明(ユーザー評価:0)
  5. カート ドライブ Win3.1版 キューブ カート(スズキ教育ソフト社製)を制御するためのソフト(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック