グラフ機能付きCV値計算プログラム

2種類のグラフ機能付き標準偏差、CV計算プログラム


ソフト詳細説明

2種類のグラフ機能(線グラフ、棒グラフ)付き標準偏差、CV計算プログラム

概要
このプログラムはデータの平均、標準偏差、CV(変動係数)を計算するプログラムです。標準偏差とは、確率や統計において、ばらつきあるいは散らばりの程度を表す一つの尺度を言います。
特徴として、データを順番に入力するだけでグラフ表示される、データをメモを付けて保存できる(メモの内容は次回呼び出し時に表示)、データをすべて入力した後から特定データの訂正や、最後にデータを1つ追加できるなどの機能を持っています。このプログラムは、機器データのばらつき度検査などに使用されます。

動作環境

グラフ機能付きCV値計算プログラムの対応動作環境
ソフト名:グラフ機能付きCV値計算プログラム
動作OS:Windows 3.1
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: ひでのり 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

偏差  CV  グラフ 


「計算・表計算・グラフ」カテゴリーの人気ランキング

  1. WinSTAT 統計ソフト(ユーザー評価:4.5)
  2. CONVERT U ボタン1つの簡単操作により、約150種類の単位間で換算(ユーザー評価:0)
  3. TTSAGW (Win3.1) 外貨預金支援ソフト(ユーザー評価:0)
  4. グラフ機能付きCV値計算プログラム 2種類のグラフ機能付き標準偏差、CV計算プログラム(ユーザー評価:0)
  5. Quick Automobile Policy 自動車保険料計算(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック