Music Studio Standard 16bit

本格Midi/オーディオ統合ソフト 16bit版


ソフト詳細説明

Windows用、本格Midiオーディオ統合ソフトの登場です。ピアノロール、イベントリスト、ステップレコーディング、Midiキーボードを使用してのリアルタイムレコーディング、その他、多くの編集機能による、高品位Midiデータの作成、オーディオの多重録音、Midiとの同期によるHDRレコーディングによるデモテープの作成などが可能です。以下に基本スペックを示します。

★Midiシーケンサー部

トラック数 :256マルチトラック+テンポ、メーター、キー(計259)
Midiデバイス:16Midiインプット、16Midiアウトプット
ノート数 :400万音
最大小節数 :9999
メーター :1/1〜99/32
分解能 :4分音符あたり960(固定)
テンポ :5〜500
同時入力音数:256
同時出力音数:256
データ形式 :専用形式、及びSMF Format 0,1に対応(読み込み、書き込み)
エクスクルーシブ:使用可能
Midiシンク :インターナル(完全)、エクスターナル(不完全、Midi再生時のみ)

★オーディオ部

トラック数 :256トラック
最大サウンドカード数:4
対応周波数 :32kHz、44.1kHz、48kHz
同時再生トラック数 :256
同時発音数 :8〜15(48kHz)、9〜18(44.1kHz)、13〜26(32kHz)
(値は、上記動作環境の場合)

各トラックに3バンドイコライザーを装備(ただし、イコライザーを使用するとかなりのCPUパワーを消費するので、同時発音数は減少します)。

★Music Studio Liteを大幅にパワーアップ

Sequence Studio Lite、Audio Studio Liteを統合したMusic Studio Liteを大幅にパワーアップ。高性能なピアノロール、Midiミキサー、チェインプレイヤー、オーディオミキサー、オーディオコントロール(オートメーションミキシング)を装備しました。また、これまでと同じ16bit版に加え、32bitネイティブ版を用意。
ヘルプのhtml化など、様々な改善がなされています。
Music Studio Standardはわずかな投資で数万円相当の環境を提供します。
機能無制限の試用が可能ですので、是非一度使ってみてください。

利用条件・試用期間中の制限など

このソフトはシェアウェアです。継続して使用される場合は作者への送金が必要です。Music Studio Standardのシェアウェア料金2000円、Music Studio Liteからのアップグレードの場合は差額1500円を、以下のいずれかの方法で送金して下さい。

動作環境

Music Studio Standard 16bitの対応動作環境
ソフト名:Music Studio Standard 16bit
動作OS:Windows 3.1
機種:汎用
種類:シェアウェア:2,100円
作者: Frieve 

お支払い

このソフトは有料ソフトです。
※消費税の増税に伴い、ソフト詳細説明や動作環境等に表示されている価格と、実際の価格が異なる場合がございます。ご購入前に必ずご確認ください。

※送金前に「シェアウェアの送金について」をお読み下さい。

その他のお支払い

銀行振り込み/郵便振替あり
※詳細はソフトをダウンロード後、ご確認ください。

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

オーディオ  Midi  bit 


「MIDI関係」カテゴリーの人気ランキング

  1. Sequence Studio Lite 高性能MIDIシーケンサー(ユーザー評価:0)
  2. Music Studio Standard Html Help Music Studio Standard用 Html Help(ユーザー評価:0)
  3. Music Studio Standard 16bit 本格Midi/オーディオ統合ソフト 16bit版(ユーザー評価:0)
  4. Music Studio Lite 本格Midi/オーディオ統合ソフト(ユーザー評価:0)
  5. GR-30 Editor (Win) ローランドのギターシンセサイザ"GR-30"用のエディタ(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック