WAVHED

WAVファイル 再生速度変更


ソフト詳細説明

 WindowsのサウンドファイルであるWAVファイルの再生スピードを変更するためのプ
ログラムです。非常に細かく幅広く設定出来ます。Windows Sound Systemのクイック
レコーダなどで速度を変更するとファイルサイズが変わりますが、このプログラムで
速度を変更してもファイルサイズは変わりません。
 WindowsのメディアプレーヤーやWindows Sound Systemのクイックレコーダーや
Video For Windowsのウエーブエディタではサンプリングレートは決まった値にしか
設定出来ませんがこのプログラムでは再生速度の微設定が出来ます。(設定出来ても
ハードウエアがサポートしていなければどこかの値に丸められます。)

 WAVファイルにはWAV構造体と言う部分があります。ここに1秒間に何回音声波形を
記録したか(サンプリングレート)を記録する部分があります。この値は再生時に、
どの位の早さで再生する必要があるかを得るために使用されます。ここを意図的に変
更する事によって音の再生スピードを変えるのがこのプログラムです。
 なお、この方法で再生速度を変えると、音声波形は変化させないので再生速度を速
くすると音が高音側に変化し、逆に再生速度を遅くすると低音側に変化します。この
方法のメリットは再生速度を変化させても音質が変化せず可逆性があることです。ク
イックレコーダーなどで速度を変更するとデータを変換するのでもとの速度に戻すと
音質が劣化します。ヘッダを書き換える方法ですとデータが変化しませんから何回速
度をかえても元のファイルに戻す事が出来ます。

 単純でない構造のWAVファイルは処理出来ない可能性があります。WAVファイルにも
いくつか種類があり、このプログラムでは PCM のファイルしか対応していません。
ひょっとしてその外のWAVファイルでも使用可能かもしれませんが...

動作環境

WAVHEDの対応動作環境
ソフト名:WAVHED
動作OS:Windows 3.1
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: しばのぶ 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

WAV 


「音声 録音・再生」カテゴリーの人気ランキング

  1. 振駆郎 パソコンを、オシロスコープに変え音声の波形を観察(ユーザー評価:0)
  2. WAVREC:WAVEファイルレコーダー WAVEファイルの録音/再生を行う(ユーザー評価:4.5)
  3. SPEANA:リアルタイム・スペクトル・アナライザー 音声の周波数分析をリアルタイムに行ない、グラフ表示(ユーザー評価:3.5)
  4. OSCILLATER: 低周波発振機 任意周波数のサイン波、ノコギリ波、方形波、三角波などを発振する低周波発振機(ユーザー評価:3.5)
  5. 作音 音色を合成・演奏する(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック