DXF+

RayBase 支援


ソフト詳細説明

 DXF+は、DXF形式のファイルを読込み属性データ設定に必要な情報をRayBaseのデータベース(BASEDLL.DLL)に設定する支援プログラムです。

DXF+は、必ずRayBaseが起動され、プロジェクト(.prj)が選択された状態で起動しなければなりません。DXF+起動後、メニューからファイル/オープンを選択し、DXFファイルを読み込むと属性データが作成されます。

作成される属性データには、DXFのlayerで指定された名前が付き、default.attの弟としてRayBaseツリーに追加されます。

RayBaseで作成された属性データを編集する事で、DXFに色、不透明度、屈折率、テクスチャ、マッピング座標などの情報を設定することができます。

動作環境

DXF+の対応動作環境
ソフト名:DXF+
動作OS:Windows 3.1
機種:汎用
種類:シェアウェア :1,050円
作者: 高桑 昌男 

お支払い

このソフトは有料ソフトです。
※消費税の増税に伴い、ソフト詳細説明や動作環境等に表示されている価格と、実際の価格が異なる場合がございます。ご購入前に必ずご確認ください。

※送金前に「シェアウェアの送金について」をお読み下さい。

その他のお支払い

銀行振り込みあり
※詳細はソフトをダウンロード後、ご確認ください。

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

RayBase 


「レイトレーシング」カテゴリーの人気ランキング

  1. Bmp256 RayCustomのファイル出力を.BMP形式に変換(ユーザー評価:0)
  2. DXF+ RayBase 支援(ユーザー評価:0)
  3. RayBase RayCustomにデータ管理機能を付加し、ユーザに快適なGUIを提供(ユーザー評価:0)
  4. RayBase サンプル RayBase サンプルデータ(ユーザー評価:0)
  5. RayCustom 拡散レイトレーシング(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック