Flying Object Maker

Windows対応のスクリーンセーバを容易に作成


ソフト詳細説明

1.「Flying Object Maker」(FOMA)は、Windows対応のスクリーンセーバを容易に作成することができます。
2.プログラムは一切必要なく、ビットマップイメージデータ、サウンドデータを準備すれば、誰でもスクリーンセーバが作れます。
3.スクリーンセーバのキャラクタを自由に追加、削除できます。
4.スクリーンセーバのキャラクターの動作をいくつかのパターンの中から選択することができ、複雑な設定は不要です。また、複雑な位置指定をすることも可能です。
5.セーバのキャラクタ音声はWAVEファイル、BGMはMIDIサウンドを流すことができます。

動作環境

Flying Object Makerの対応動作環境
ソフト名:Flying Object Maker
動作OS:Windows 3.1
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 村崎 達哉  (株)コバルト 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

スクリーン  セーバ  容易 


「ユーティリティ」カテゴリーの人気ランキング

  1. 瞳を 閉じないで マウスカーソルの位置によってスクリーンセーバーの起動を抑止(ユーザー評価:0)
  2. まるごと赤ずきんチャチャ スクリーンセーバ補助プログラム(ユーザー評価:0)
  3. Flying Object Maker Windows対応のスクリーンセーバを容易に作成(ユーザー評価:0)
  4. 伝言板スイッチャ Windows付属の伝言板スクリーンセーバーのメッセージを簡単に変更(ユーザー評価:0)
  5. ランダム・セーバー 手持ちのスクリーン・セーバーを指定再生間隔毎に連続チェンジ出来る(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック