Fep Bridge

DOS/V 用のかな漢字プログラムを Unix で使えるように


ソフト詳細説明

私にとって、現在のLinux の日本語環境で一番の不満な点は、かな漢字変換(以下 FEP)でした。フリーの Wnn や Canna はそこそこ働いてくれますが、DOS/V や Windows 用の市販のかな漢字ソフトの方が、性能や学習機能の面で優れているのは否めません。
そこで、DOS/V のかな漢字変換プログラムを利用した、かな漢字変換サーバを Unix 上に提供する、本プログラムを開発しました。
変換サーバは、 DOS プログラムを動かすための DOS エミュレータとして、DosEmu (Linux の場合) か pcemu (Unix 汎用) を使います。
変換クライアントとして Kinput2 と Mule2 を利用できます。通常キーの他にカーソルキーやファンクションキーを使うことができ、DOS 上の操作と全く同じで、かな漢字変換が出来ます。DOS/V FEP を今まで知らない方のために、MS-IME と WX-II+ を EGG 風のキーバインドにすることもできます。
DOS/V は持ってない最近の Windows95 ユーザの方も、実は Windows95 (但し AT 互換機用)のパッケージに DOS/V 用の FEP が付属されているので、本プログラムを使うことが可能です。

必要なものとして、

DOS エミュレータ
(a) Linux の場合: DosEmu のバイナリ、または pcemu のソース
(b) Linux 以外 : pcemu のソース

DOS/V (PC-DOS/V でも MS-DOS/V でも ver 5.x 以上 *注1)

MS-KANJI API 対応の DOS/V 用かな漢字変換 FEP (*注2)

変換クライアント
(c) Kinput2 の場合: Kinput2 のソース(X11R6用を推奨。X11R5用でも可)
(d) Mule の場合 : Mule2 のバイナリ

動作環境

Fep Bridgeの対応動作環境
ソフト名:Fep Bridge
動作OS:UNIX
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 田宮 豊 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

かな漢字  Unix 


「日本語入力FEP/IME用」カテゴリーの人気ランキング

  1. 百相鍵盤『き』ki-xim Linuxで直接入力方式を実践できるXIM(ユーザー評価:4.5)
  2. かんにゃ かんな辞書編集のためのGUIを提供(ユーザー評価:0)
  3. Q's Nicolatter for X UNIX/Linux用の日本語入力サーバー(ユーザー評価:0)
  4. Fep Bridge DOS/V 用のかな漢字プログラムを Unix で使えるように(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック