cdiff.awk

新旧ソースを左右2列に並べ変更箇所を枠で囲む差分リストを作成するawkスクリプト


ソフト詳細説明

ソフトウェア開発の要は品質です。
品質確保の要はソースレビューです。
ソースレビューの要は差分リストです。
もし、障害多発、品質不良でお困りなら、レビュー方法をチェックしましょう。
diffの生出力とソースリストを見比べて、なんてことをしてませんか。
それでは、修正箇所を突き合わせたり、修正前後をイメージすることに無駄に脳力が消費され、肝心のレビューに脳力を集中できません。
障害多発、品質不良は当然の帰結です。差分リストを使いましょう。
比較そのものはUnix互換のdiffを利用します。別途入手してください。
diff -D Stingオプションが必要です。cdiff.awkは「diff -D」の出力を加工します。

動作環境

cdiff.awkの対応動作環境
ソフト名:cdiff.awk
動作OS:UNIX
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 吉岡 照雄 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

スクリプト  差分  箇所  新旧  awk 


「テキストファイル用」カテゴリーの人気ランキング

  1. Return Code Converter テキストファイルの改行コード変換を行う(ユーザー評価:0)
  2. cdiff.awk 新旧ソースを左右2列に並べ変更箇所を枠で囲む差分リストを作成するawkスクリプト(ユーザー評価:0)
  3. plain2 HTMLテーブル拡張パッチ テキスト文章からHTMLやTeXなどを自動生成するplain2のHTML機能を拡張(ユーザー評価:0)
  4. manコマンドデコーダー Unixのmanコマンドのデコーダー(ユーザー評価:0)
  5. plain2-2.54非公式パッチ テキストをroffやLaTeXの原稿に変換するソフト「plain2」のバグ修正&拡張パッチ(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック