gptar(GNU Particle gtar)

GNOME環境で使えるファイル解凍ツール


ソフト詳細説明

Linuxでは拡張子がtar、gz、bz2というアーカイブフォーマットを標準的に利用しています(昨今ではこの配布プログラムでも利用されているRPMパッケージファイルがあります)。gptar(GNOME Particle gtar)ではこれらのアーカイブファイルをX Window SystemとGNOME(GNU Network Object Model Environment)上で解凍するためのユーティリティです。
ユーティリティとは言っても上記の拡張子を扱うtar、gzip、bzip2プログラムを呼び出すもので、デフォルトでこれらのプログラムを含む各種Linuxディストリビューションでの利用を推奨します。
また、UNIXではファイル拡張子だけでファイルの種類を判別しているとは限らず、ファイルの形式を調べるfileプログラムも利用しています。

動作環境

gptar(GNU Particle gtar)の対応動作環境
ソフト名:gptar(GNU Particle gtar)
動作OS:UNIX
機種:汎用
種類:GPL
作者: particle 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

解凍  GNOME 


「アーカイブユーティリティ」カテゴリーの人気ランキング

  1. LinUty 分割偽装ファイルの結合アーカイバ(ユーザー評価:0)
  2. gptar(GNU Particle gtar) GNOME環境で使えるファイル解凍ツール(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック