ファイル管理ソフト

X Window System 上で稼働するファイル管理ツール


ソフト詳細説明

 パソコンや汎用機などには便利なファイル管理ツールがあるのに、なぜUNIXにはこういったツールが無いのかと必要に迫られて作成したプログラムが lf(list file)コマンドです。

 lf のコンセプトは如何に目的のファイルを迅速に処理でるかにあります。ですからファイルを編集したりするような機能などは持ち合わせておらず、それらは全て外部コマンドとして自分の使い慣れているものを使うようにと考えています。

 lfの主な特徴
  ・長いコマンドをワンキーで実行させられます。
  ・コマンド入力域を使えば何度でも同じコマンドが簡単に再実行できます。
  ・圧縮ファイルを伸長、展開せずとも中身を直視する事ができます。
  ・ファイルの削除は危ないぐらい、超簡単にできます。
  ・find等の出力を lfで読み込んで起動させる。
[使用例]
find . -print | lf -I
 前バージョンからの変更内容
・Digital UNIX 4.0用にカスタマイズしてみました。

動作環境

ファイル管理ソフトの対応動作環境
ソフト名:ファイル管理ソフト
動作OS:UNIX
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 藤田 浩三 

ユーザーの評価(1人):4.5
コメント:1
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

ファイル管理  稼働  Window 


「各種ファイラ」カテゴリーの人気ランキング

  1. the Minnu's Filer2 PC-UNIX(Linux, FreeBSD, cygwin, MacOSX)用の2画面ファイラー(ファイルマネージャー)(ユーザー評価:0)
  2. Bixli 色々なツールでファイルを開くのに便利なLinux用小型ファイラ(ユーザー評価:0)
  3. Ufm Emacs&Mule上で利用可能なファイルマネージャ(ユーザー評価:0)
  4. ファイル管理ソフト X Window System 上で稼働するファイル管理ツール(ユーザー評価:4.5)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック