jpnslisp日本語Lisp for Linux

Linuxで動くLisp言語(インタープリタ)


ソフト詳細説明

jpnslisp日本語Lisp for Linuxは、当初日本語人工無能開発の目的で開発したLinuxで動くLisp言語です。
コンソールアプリケーションです。コンピュータと対話でき、日本語が使えるのが特徴です。
jpnslisp日本語Lisp for Linuxは、Common Lispのサブセットです。Common Lispの機能を部分的に実現しています。
jpnslisp日本語Lisp for Linuxのソース付きです。
人工無能の作成例として簡単なサンプルプログラムを付けています。
Windows版jpnslisp日本語LispはShift_JISで書かれていましたがそれをUTF-8に直し、UTF-8の日本語が使えるようソースレベルでパッチを当てたものです。
圧縮ファイルを適当なディレクトリに展開して使って下さい(tar zxvf 圧縮ファイル名)。
version2.22からは、32bit版に加え64bit版が付いています。

動作環境

jpnslisp日本語Lisp for Linuxの対応動作環境
ソフト名:jpnslisp日本語Lisp for Linux
動作OS:UNIX
機種:IBM-PC
種類:フリーソフト
作者: S&S 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

言語  インタープリタ  Lisp  Linux 


「その他」カテゴリーの人気ランキング

  1. Code::Blocks 日本語化 Code::Blocks 英語版を日本語化するファイル(ユーザー評価:0)
  2. WorkFlowシステムサンプルモジュール 申請、承認を行なえるワークフローシステムのサンプルプログラム(ユーザー評価:0)
  3. SmallGear Scripter Lnx64 オブジェクト指向スクリプト言語(ユーザー評価:0)
  4. jpnslisp日本語Lisp for Linux Linuxで動くLisp言語(インタープリタ)(ユーザー評価:0)
  5. Commentary on Multithreading engine マルチスレッディングエンジンのインクルードソースのコメンタリ(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック