セルイラストレータ・ドロー

遺伝子描画及びシミュレーションソフト〜遺伝子ネットワークを扱う全ての方へ〜


ソフト詳細説明

セルイラストレータは、生命システムを構成する複雑なパスウェイ(代謝経路、遺伝子制御ネットワーク、シグナル伝達経路、細胞間の制御反応など)をPC上でまるで絵を描くように作成できるソフトウェアです。

作成したパスウェイはPC上でそのまま簡単にシミュレーションすることができ、生体内の動的な振る舞いを観察・検証できます。

ドイツのC.A.Petri(ペトリ博士)が考案した情報・制御システムの記述・設計・解析・検証に有用なモデル化手法「ペトリネット」をベースに、東京大学が独自に開発した高機能ビジュアル・モデリング・アーキテクチャを使用しています。

セルイラストレータは、株式会社ジーエヌアイの研究開発活動や、他の製薬会社との共同研究で使用するために開発されたものですが、豪州クイーンズランド大学の分子生物科学研究所(IMB)とARCバイオインフォマティクスセンターで行われているVisible Cellプロジェクトでも既に使用されるなど、専門家がその有用性を実証しています。

このセルイラストレータは株式会社ジーエヌアイと東京大学の共同開発により2002年に製品化され、この度の3.0へのバージョンアップに伴い、マルチプラットフォーム(Windows、Mac OS X、Linux、UNIX)に対応し、さらにパスウェイを視覚的に解析できるようになりました。

今回は、セルイラストレータの製品ラインアップのうちセルイラストレータ・ドローをフリーソフトとしてご提供させていただきます。

動作環境

セルイラストレータ・ドローの対応動作環境
ソフト名:セルイラストレータ・ドロー
動作OS:UNIX
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: (株)ジーエヌアイ 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

シミュレーション  描画  遺伝子 


「科学」カテゴリーの人気ランキング

  1. セルイラストレータ・ドロー 遺伝子描画及びシミュレーションソフト〜遺伝子ネットワークを扱う全ての方へ〜(ユーザー評価:0)
  2. B-Phase 2粒子系の相互作用による相分離・形成過程をシミュレート(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック