ppmdistort for UNIX

写真画像の歪曲収差(distortion)を補正


ソフト詳細説明

[introduction]
CASIOのデジタルカメラQV-10は、大変楽しい機械で大いに満足しています。ただ、解像度の低さもさることながら、歪曲収差による画面周辺部の樽型歪みが大きく、それが気に入らない人も多いかと思います。私も気に入らなかったのですが、歪みの補正くらいなら自力でなんとかなるのではと思い、このプログラムを作って見ました。一般的なppm/bmp形式のfileを扱うので、QV-10以外でも使用できます。

[compile]
cc -o ppmdistort ppmdistort.cFreeBSD 2.1上で動作確認しました。大抵のunixでOKでしょう。

[usage]

usage: ./ppmdistort [options] [file]
 correct distortion of photo
 version 0.3
 option:
  -p param : set distortion parameter
        (-100 to 100 : default = 20)
  -f : convert full data
  -a : no anti-aliasing
 file: ppm / bmp

画像formatはppm形式、またはbmp形式に対応しています。
ppmは"P6"形式(binary形式)しか対応していません。
pgmやpbmにも対応していません。
bmpは24bit形式しか対応していません。
指定したfileまたは標準入力から読み込んで、標準出力に
入力と同じ形式で出力します。ppmを読んでbmpを吐くというようなことは出来ません。
camtoppmなどを使った480×240画像の場合は、pnmscale等を用いて4対3の画像に直してから本プログラムを適用して下さい。

paramは、正の数なら樽型歪みの補正、負の数なら糸巻き型歪みの補正を行います。-100〜100の値が指定でき、絶対値が大きい程修正量が大きくなります。0なら原画と同じになります。defaultはとりあえず20にしてありますが、何度かcut & tryして最適な値を探して見て下さい。QV-10AやQV-30では歪みが小さくなったそうなので、もっと小さな値がいいと思います。

-fをつけると、原画の全体が見えるようになります。つけないと、原画の端の方の情報が切れてしまいます。ただし、-fをつけた場合は逆に画面の端の方に空白の部分(黒く塗りつぶす)が出来てしまいます。

-aをつけると、anti-aliasingを行いません。普通は付ける必要はないでしょう。

[計算式]
sourceを見て下さい。実物のレンズの中心軸からの距離をy,像の中心軸からの距離をy'としたとき、歪曲収差により

y' / y = m - E y^2

になるという光学理論に基づいています。

動作環境

ppmdistort for UNIXの対応動作環境
ソフト名:ppmdistort for UNIX
動作OS:UNIX
機種:汎用
種類:PDS
作者: 柏木 雅英 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

写真  補正  歪曲  収差  distortion 


「変換」カテゴリーの人気ランキング

  1. gifdog.pl 多機能 gif 画像連結ライブラリ(ユーザー評価:0)
  2. gifcatbg 背景付きGIF連結処理パッケージ(ユーザー評価:0)
  3. ppmdistort for UNIX 写真画像の歪曲収差(distortion)を補正(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック