RUN386

大容量メモリ搭載時の起動高速化パッチ当てプログラム


ソフト詳細説明

 最近のメモリ低価格化にともない、メモリをたくさん搭載しているかたも多いと思います。ところが搭載しているメモリ容量が大きくなると RUN386 を経由して EXPプログラムを起動するのが遅くなるという問題点があります。
 そこで搭載メモリ容量が増えても RUN386 の起動が遅くならないようにするパッチ当てプログラムを作ってみました。このプログラムは RUN386.EXE を書き換えて起動に時間がかかっている部分をスキップするようにします。

【技術的情報】
 だいたい見当が付くかと思いますが、起動に時間がかかるのはアプリケーション用のセグメントを作成した後でそのメモリ領域を0で初期化しているからです。そこでこのプログラムでは初期化ルーチンの先頭を RET 命令に書き換えて、何もしないでリターンするようにしています。

動作環境

RUN386の対応動作環境
ソフト名:RUN386
動作OS:FM(TOWNS)
機種:FM
種類:フリーソフト
作者: 品川 高廣 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

起動  容量  パッチ  高速化  当て  メモリ 


「シェル強化」カテゴリーの人気ランキング

  1. GBOOT Townsシェル起動時の画面モードを変える(ユーザー評価:0)
  2. RUN386 大容量メモリ搭載時の起動高速化パッチ当てプログラム(ユーザー評価:0)
  3. EXPランチャー シェル環境を残したままでEXPを実行(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック