MGLIB

画像ファイルをHigh-Cで簡単に扱うことを目的としたライブラリー


ソフト詳細説明

MGLIBは,画像ファイルをHigh-Cで簡単に扱うことを目的としたライブラリーです。MGLIBを利用すると,アプリケーションに簡単に各種画像読込機能を実装することができます。

MGLIBを利用することによって利用できる画像形式はMAG,MAKI,GP0の三つに,今回RGBベタファイル(B1,FRM,BLK等)が追加されました。扱える形式は,今後も増えていく予定です。

High-C初心者でもすぐさま使いこなせるように,F-BASICのLOAD@と同じように使える実用的な関数をMGLIBを用いて作成し,サンプルとして添付しました。F-BASICから移行してきた方にはかなりなじみやすいと思います。

動作環境

MGLIBの対応動作環境
ソフト名:MGLIB
動作OS:FM(TOWNS)
機種:FM
種類:フリーソフト
作者: 匿名 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

ライブラリー  High 


「各種ライブラリ」カテゴリーの人気ランキング

  1. パッド DE ファイルセレクター F-BASIC386のプログラムに組み込めるパッドでのファイルセレクタ(ユーザー評価:0)
  2. MGLIB 画像ファイルをHigh-Cで簡単に扱うことを目的としたライブラリー(ユーザー評価:0)
  3. EINTM.LIB EIN(TM)環境用ライブラリ(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック