MXCON

TOWNSのMS-DOSでコンソールVRAMのシミュレート処理をリアルプロセスで行うようにする


ソフト詳細説明

FM-TOWNSのMS-DOSでコンソ−ルVRAMのシミュレ−ト処理をリア
ルプロセスで行うようにするプログラムです
(中身は、ORICONの一部を抜き取っただけです・・)

TOWNSのMS-DOSは、コンソ−ルVRAMの割り込み処理を386プロテ
クトモ−ドで行う為EMM386との相性でRS232Cの割り込みがぼろ
ぼろになっちゃいます(どっちかがプロテクトモ−ドでの割り
込み処理をさぼってる!・・・Windowsを使えば、RS232Cでの
問題が無いみたいだから犯人は・・・)

その対策としてコンソ−ルVRAMのシミュレ−ト部分(割り込み
処理)をリアルモ−ドのままで行うことにより回避しています

ただしこのコンソ−ルVRAMの描画をリアルのグラフィックVRAM
に行っているのでグラフィックVRAMが使えなくなります

TOWNSのMS-DOSを使っていてEMM386を外したくなくRS232Cを高速
で使用したい方の為の物です。(ようするに僕)

使い方は、いたって簡単"MXCON.COM"を起動するだけです
一瞬画面がクラっときて何の表示もせず単に入れ代わります

常駐を解除するには”MXCON.COM -"です

動作環境

MXCONの対応動作環境
ソフト名:MXCON
動作OS:MS-DOS
機種:FM
種類:フリーソフト
作者: MIYAZAKI 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

プロセス  コンソール  シミュレート  TOWNS  VRAM 


「WTERM関係」カテゴリーの人気ランキング

  1. MXCON TOWNSのMS-DOSでコンソールVRAMのシミュレート処理をリアルプロセスで行うようにする(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック