MM46(マッチメーカー) for FM

ロボット・バトル・シミュレーション for FM


ソフト詳細説明

  ○トーナメントの自動処理/フィールド・バトロイ自動処理(新)
MM46も、バージョン4.64を迎えるにあたり、MMBPという外部プ
ロセッサによって大会の自動実行機能が行えるようになりました。
通常のトーナメント処理と、フィールド・バトロイともいうべき新しい形態
のバトルロイヤルの大会が行えます。詳しくは同封のされているMMBPの
マニュアルを参照してください。

  ○拡張メッセージに対応(新)
今回のバージョンから、パイロット/COM/アナウンサーの各種拡張メッ
セージに対応しました。アナウンサー8種、COM20種、パイロット98
種まで登録できます。

  ○外部システムMSGの分離(新)
拡張MSG対応にともない、外部システムMSGが、アナウンサー/パイロ
ット/コンピュータ/システムの4つに分割されました。
それぞれ、PLAY_ANA.MSG, PLAY_PIL.MSG, PLAY_COM.MSG, PLAY_SYS.MSG
というファイル名になります。

  ○MSPファイルの採用(新)
MSPとは、メッセージファイルに必要なディスク容量を大幅に節約する機
能です。各種拡張メッセージは、ひとつにつき200KB程度のディスク容
量を使用します。MM46(MMR1.47も)では、メッセージファイル
をひとつにまとめ、さらに圧縮を施したMSPファイルというものを従来の
メッセージファイルのかわりに使うことができます。
これによって、ファイル容量を1/6〜1/8にすることができます。

  ○AKデータカッター機能
従来からの機能です。
ログファイルの中からAKデータを探しだし、それを機体データとして使用
することのできる機能を、MM46は内蔵しています。単試合での操作性を
重視したMM46ならではの機能です。

●Ver.4.64SPでの新機能。ただし、非公認物ばかりなので使用には要注意。

  ○COMメッセージ領域の拡大。最大、90件まで。
  ○盾防御修正の採用。
  ○障害物ルールの採用。
  ○バーサーカーシステムの復活。(?)

動作環境

MM46(マッチメーカー) for FMの対応動作環境
ソフト名:MM46(マッチメーカー) for FM
動作OS:MS-DOS
機種:FM
種類:フリーソフト
作者: 篠崎 砂美  大塚 晃典 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

シミュレーション  バトル 


「マッチメーカー」カテゴリーの人気ランキング

  1. MM46(マッチメーカー) for FM ロボット・バトル・シミュレーション for FM(ユーザー評価:0)
  2. KMFast(ナイトメーカー) for FM すぺしゃる MM(マッチメーカー)用 AK(アーマーナイト)作成(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック