Archive Decoder

DLL 不要の解凍専用アーカイバ USB メモリなどで持ち運んでの用途に最適


レビュー

Archive Decoder SSクリックで拡大します シンプルながら、通常必要な機能/オプションはしっかり備えているデスクトップアイコンにドラッグ&ドロップするだけでアーカイブファイルを解凍できる“簡単・手軽な”解凍ソフト。
「Archive Decoder」は、外部DLLを必要とせず、単体でアーカイブ(書庫)ファイルを解凍できるソフト。LZH/ZIP/CAB/RAR/TAR/GZIP/BZIP2/Z(compress)各形式に対応する。
解凍操作は、デスクトップの「Archive Decoder」ショートカットアイコンの上にアーカイブファイルをドラッグ&ドロップするだけでよい。複数のアーカイブを同時にドラッグ&ドロップすることも可能。アーカイブは順次、解凍処理が実行される。ファイル内容でアーカイブ形式を判別するため、異なる形式のファイルを混在させても問...

>> 記事全文を読む

動作環境

Archive Decoderの対応動作環境
ソフト名:Archive Decoder
動作OS:Windows 10/8/7/Vista/XP その他
機種:IBM-PC
種類:フリーソフト
作者: pon software 

ユーザーの評価(2人):3.5
コメント:3
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

解凍  USB  アーカイバ  用途  DLL  メモリ 


「アーカイブユーティリティ」カテゴリーの人気ランキング

  1. Archive Pass Retriever 失念した圧縮ファイルのパスワードを検索 ZIP/RAR/7z形式に対応(ユーザー評価:2)
  2. パスワード付き圧縮 (zip形式) フォルダー の作成 Windows 8,7,Vistaでは標準の機能で作成出来なくなってしまった、パスワードで保護されたZIPファイルを作成(ユーザー評価:4.5)
  3. LhaForge 多彩な形式をサポートする圧縮解凍ソフト(ユーザー評価:4.5)
  4. Explzh for Windows 大容量ファイル、AES暗号化、Unicode、Windows10 に対応した圧縮解凍ソフト(ユーザー評価:4.5)
  5. 書庫一括操作ユーティリティ Zip、Brotli、Zstandard形式などへの一括圧縮、一括解凍、圧縮形式別の圧縮効率の比較ができる(ユーザー評価:0)

「アーカイブユーティリティ」カテゴリのソフトレビュー

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック