CCB

ChipCardのプログラムを作りたいけどアセンブラは良く解らない人へ


ソフト詳細説明

CCBとは、ChipCard B language(チップカードB言語)の略称で、基本的にはPALO-ALTO
2K BASICを参考に作られています。(知らない人は全然知らないですね(^^;)
ようするに、基本的な機能のみをそろえたBASIC言語の事です。
(今考えるとSC/MPのNIBLに近いかもしれない・・・う〜む)
  蛇足:一般には'TinyBASIC'と言われています。

もちろん、ChipCard用と言う事で、ほとんどのAPI機能は使用できます。
(この部分は2K BASICに対して優位を保てます(^^;)
また、もろさん作によるUniGraph機能を導入したので、ChipCardでのフルグラフィックプログラムの作成も可能です。

本ソフトは、ChipCardでプログラムを組みたいが、アセンブラはちょっと・・・と言う方を対象に作成されました。
(もちろん、アセンブラ「バリバリ(死語)」の方も、気楽にやりたい時などにど〜ぞ)

特徴

(^_^)簡単なステートメント、関数の組合せでChipCardのソフト開発が出来ます。
(^_^)任意の変数名が使用できます。
(^_^)制限付きですが、配列や文字列も用意されています。
(^_^)ChipCardの持つAPIはほぼ全てが使用可能です。
(^o^)フルグラフィック環境が提供されています。
(^o^)asm88やlink88等の知識が無くても使用できます。(実行ファイルは必要です)
(^o^)コマンド1発でPSAファイルが作成されます。
(^_^)1パスコンパイラなのでコンパイル速度もそこそこのスピードです。
(^_^)コンパイラなので、実行速度がそこそこに稼げます。
(^_^)もちろん、完全なマシン語へのコンパイラです。(中間言語では有りません)
(^_^)アセンブラソースを出力できるので、SMC88のアセンブラの勉強にも使えます。
   (手本として、「良いソース」とは言いがたい部分も多々有りますが・・・)

動作環境

CCBの対応動作環境
ソフト名:CCB
動作OS:その他
機種:その他
種類:フリーソフト
作者: 星野美季 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

ChipCard  アセンブラ 


「プログラミング」カテゴリーの人気ランキング

  1. CCB ChipCardのプログラムを作りたいけどアセンブラは良く解らない人へ(ユーザー評価:0)
  2. SPP88 SAP88下位互換 高速アセンブラプリプロセッサ(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック