ell(える)

OS/2コマンドライン用 汎用書庫閲覧プログラム


ソフト詳細説明

ell(える)は、InfoZip や lha,tarなどで作成した書庫の内容を参照する、DOS で言うところの、LHMTN みたいなソフトです。その特徴として、

・VIO(コマンドライン---テキスト)画面で動作
・書庫のタイプに依存しない。
→ アーカイバの出力フォーマットを設定すれば、任意の書庫に対応可。
・自己解凍型書庫でも、書庫の種類をある程度判別できる。[New!]
→ 書庫自体に指定したキーワードが存在するか否かで判定する。そのキーワードも設定ファイルで指定可能。
・書庫中の書庫も閲覧できる。
→ 入れ子の数は無制限。ただし、この場合は削除などは出来ない。
・書庫中のファイルに対して、RETURNキーで任意のプログラムを起動可能。

などがあげられます。ell を使用するには、ell 本体の他に、
- emx 0.9d FIX02 の DLL全て
- アーカイバ
- ページャ(ただし、標準入力からの読み込みが可能なもの)
等が別途必要となります。

 なお、本プログラムは西暦を2桁で表す処理は特に使用していないため、
 2000年問題は特に関係ありません。

動作環境

ell(える)の対応動作環境
ソフト名:ell(える)
動作OS:OS2
機種:IBM-PC
種類:フリーソフト
作者: zetamatta 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

コマンド  閲覧  書庫  ライン  OS 


「アーカイブユーティリティ」カテゴリーの人気ランキング

  1. ell(える) OS/2コマンドライン用 汎用書庫閲覧プログラム(ユーザー評価:0)
  2. EASY_ARC 書庫と一緒に圧縮するファイルをドロップするとアイコンがアニメーションして書庫に圧縮(ユーザー評価:0)
  3. PMレンジ ZIP,LHA対応圧縮解凍ツール(ユーザー評価:0)
  4. PackMan アーカイブマネージャ(ユーザー評価:0)
  5. zlib for OS/2 汎用データ圧縮ライブラリ(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック