AutoCat

フロッピーディスクを排出するときにファイルのカタログを自動的に作成


ソフト詳細説明

・AutoCatは、フロッピーディスク(他にリムーバルHDなど)を排出するときに、そこにあるファイルのカタログを自動的に作成するコントロールパネルです。AutoCatを用いるときはディスクの名前をつけるだけで結構です。あたかもハードディスクにファイルがあるように、Finderからファイルを検索することができます。

・ディスクがイジェクトされたとき、ディクスと同じ名前でAutoCat独自のアイコンを持つ、フォルダを(初期設定ではカタログフォルダに)作成します。このフォルダにはディスクにある全てのファイルのエイリアスを入れます。するとFinserのインターフェースを用いてディスクのカタログを見ることができます。シンプルで直観的でしょ!

・欲しいファイルがいつもハードディスク上にあると考えて、Macがそのファイルを読み込むときはそのディスクを挿入するように言ってくるでしょう。つまり次のことが可能です。
 −Finderから「検索...」コマンドを使ってファイルを検索できます
 −Finderからディスクのカタログを見ることができます
 −アプリケーションを実行するのと違い、時間とメモリの節約ができます
 −いつもカタログは更新されています
 −アプリケーション実行中に「開く...」のダイアログからカタログへアクセスできます

・素早くディスクのカタログをつくるときは、“カタログ連続作成”にして、順にディスクを挿入するとカタログがつくられた後、すぐにイジェクトされます。

動作環境

AutoCatの対応動作環境
ソフト名:AutoCat
動作OS:MacOS
機種:Mac
種類:シェアウェア :$10.00(US)
作者: 杉垣 信義  Olivier Lebra  大橋 猛 

お支払い

このソフトは有料ソフトです。
※消費税の増税に伴い、ソフト詳細説明や動作環境等に表示されている価格と、実際の価格が異なる場合がございます。ご購入前に必ずご確認ください。

※送金前に「シェアウェアの送金について」をお読み下さい。

その他のお支払い

その他送金方法あり
※詳細はソフトをダウンロード後、ご確認ください。

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

自動的  カタログ  フロッピーディスク  排出 


「ディスク用」カテゴリーの人気ランキング

  1. ファイルサルベージ 8.1 Yosemite対応版 強力な復元率を誇るMac用データ復元ソフト、対応ファイルタイプは100種類以上!(ユーザー評価:0)
  2. DiskCatalogMaker MacOSX版 ディスクのカタログ作成、管理ツール(ユーザー評価:0)
  3. Sync!Sync!Sync! LE 二つのフォルダを同期させ手軽にバックアップを実施(ユーザー評価:0)
  4. ファイルサルベージ 6 高いデータ復旧率を誇る、Mac OS X用データ復旧ソフト(ユーザー評価:2.5)
  5. SwitchBack for Mac OS X ディスク、ファイル、フォルダを簡単にシンクロナイズ!(ユーザー評価:0)

「ディスク用」カテゴリのソフトレビュー

  • ファイルサルベージ 7 7.0 - インタフェースが一新され、さらに使いやすくなった“定番”データ復旧ソフトの新バージョン
  • DiskCatalogMaker 4.4 - ディスクの内容をカタログ化して、すばやく閲覧・検索・印刷できるようにするソフト
  • ファイルサルベージ 6 6.1.1 - 対象ファイルタイプを追加できるようになったデータ復旧ソフトの新バージョン
  • SwitchBack for Mac OS X 3.9J - さまざまな条件でバックアップ/シンクロナイズ処理を行えるユーティリティ
  • Sync!Sync!Sync! LE 1.3 - シンプルなデザイン・機能で日常的に利用できるバックアップソフト

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック