BinEdit

データフォーク・エディタ


ソフト詳細説明

BinEditはファイルのデータフォークの内容を16進数で表示し、それをエディットするアプリケーションです。ダンプファイルを出力することもできます。

このアプリケーションを作った動機は、リソースエディタはあるのにデータフォークエディタはなぜ見あたらないのか?と思ったためです。よーく探してみるといくつか発見できたのですが、すでにBinEditの骨組みができあがった段階でした。単純なアプリケーションではありますが、プログラム開発などに役立つ道具になると思います。

利用条件・試用期間中の制限など

このアプリケーションはシェアウェアです。継続して利用する場合は必ず登録を行ってください。登録はユーザー1人に対してのものです。1ユーザーが複数のコンピュータ上で利用してかまいません。法人などで利用する場合は別途対応しますので、作者まで連絡をしてください。

動作環境

BinEditの対応動作環境
ソフト名:BinEdit
動作OS:MacOS
機種:Mac
種類:シェアウェア:2,625円
作者: 宮本 拓海 

お支払い

このソフトは有料ソフトです。
※消費税の増税に伴い、ソフト詳細説明や動作環境等に表示されている価格と、実際の価格が異なる場合がございます。ご購入前に必ずご確認ください。

※送金前に「シェアウェアの送金について」をお読み下さい。

その他のお支払い

郵便振替あり
※詳細はソフトをダウンロード後、ご確認ください。

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

エディタ  フォーク 


「バイナリファイル処理」カテゴリーの人気ランキング

  1. KJpegMarker Jpegのデコードに必須なマーカーの位置を表示(ユーザー評価:0)
  2. Comparator 2つのファイルの内容を比較(ユーザー評価:0)
  3. McCompare 2つのファイルのデータフォークの違いを見つけます.(ユーザー評価:0)
  4. CovBtT & CovTtB バイナリー ←→ テキスト変換(ユーザー評価:0)
  5. HQXing BinHex4.0形式ファイル相互変換ユーティリティ(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック