Maze

迷路探索ロボットのシミュレータ


ソフト詳細説明

このスタックはマイクロマウスの迷路探索アルゴリズムのプレーヤです。迷路探索アルゴリズムのデバッグを行うために作成しましたので、GUIもいいかげんですし、まだ使えない意味の無いボタンもあります(^_^;)。ご注意ください....

○マイクロマウスとは

 昔、まだパソコンではなくマイコンと呼ばれていた時代に、アメリカのとある団体の一つのテーマとして考え出されました。手作りできるサイズのメカと、それに搭載できる範囲のマイクロコンピュータを組み合わせたロボットで、迷路を解き明かすことができるのかというのが最初の命題でした。
 今では、ゴールに到達するのはほぼ当り前のことになり、走行技術も含めたタイムアタック競技になっています。

 迷路のサイズは、単位区画の壁の中心線の寸法で180mm四方。壁の高さ50mm、厚さが12mmなので、実際のサイズは168mm四方です。迷路全体のサイズは、縦横に単位区画が16個ならびますので、2880mm(約3m)四方の巨大な物になります。
 この区画の中心4区画がゴールです。スタートは4スミのいずれか一箇所で、必ず時計周りの方向に走り始めることになっています。

 競技は時間・トライ数制です。持ち時間10分の間に、5回のトライが可能です。で、このうち最も速くゴールにたどり着いたタイムが記録となります。ただし、一旦ゴールにたどり着いた後、続けて迷路内を探索するのはトライ回数に含まれません。

 ロボットの仕様ですが、基本的に完全自律ということになります。ですから、外部からの制御は一切許されませんし、エネルギー源も機内に持つ必要があります。ただし、現時点ではバッテリの交換は許可されています。燃焼を伴う動力源は不可です。
 サイズ的には、上面からの投影が250mm四方に入っている必要があります。もっとも、床面から壁の高さの50mmまでは、迷路の内のりのサイズに制限されます。高さ、重さに制限はありません。もっとも、重すぎて迷路が壊れると失格ですが。

 他にも細かいルールがありますが、ここでは省きます。もし、詳しいことをお知りになりたい場合は、「KYD02036@nifty.ne.jp」あてにメールしていただければ、折り返しマウスパティオへのパスワードを案内してくれると思います。

動作環境

Mazeの対応動作環境
ソフト名:Maze
動作OS:MacOS
機種:Mac
種類:フリーソフト
作者: Zak 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

シミュレータ  迷路 


「その他」カテゴリーの人気ランキング

  1. こさぴーの秋葉マップ97 秋葉原・池袋・新宿・渋谷・横浜でのマック関連の店を紹介(ユーザー評価:0)
  2. X ChartChanger(クロスチャートチェンジャー) 画像ファイルからクロスステッチチャートを描きだします(ユーザー評価:0)
  3. COLLECTION CHECKER forMac 各種コレクターのためのコレクションチェック用ソフト(ユーザー評価:0)
  4. 岩波書店 育育児典 for Mac (価格改定版) 人生の一大イベント“育児”の新定番!(ユーザー評価:0)
  5. 有斐閣 経済辞典 第5版 for Mac 経済・経営分野を中心とした多岐にわたる時事用語・専門用語などを,平均100字で簡潔,的確に解説(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック