StressMetor

CPUにかかっている負荷をビジュアルで確認


ソフト詳細説明

■このソフトはなに?
 CPUにかかっている負荷をビジュアルで確認できるというソフトです。
 実際にはCPUの負荷を直接計測している訳ではありませんが、ある程度は
正しく表示しているのではないかと思います。

■使い方
 システムフォルダの起動項目の中に入れて再起動するか、そのまま立ち上げ
て下さい。注意としては、立ち上がった後はバックグラウンドで使用すると
いうことです。そうしないと正しく計測できません。終了する場合はこの
ソフトをアクティブにしてコマンド+Qかメニューから「Quit」を選んで
下さい。

■不都合など
 PowerBookでの使用について解っている不都合を。
 知っての通りPowerBookには省電力モードなるものが実装されています。
 その省電力モードになるとCPUの実働速度は1秒間に変数を1カウント
するのが精一杯になってしまいます。
 そうなってしまうと、StressMetorはCPUの負荷がMAXだと勘違いを
して、メーターが右の端までいっぱいになってしまいます。
 実害はありません。機械の特性だと思ってご容赦下さい。

動作環境

StressMetorの対応動作環境
ソフト名:StressMetor
動作OS:MacOS
機種:Mac
種類:メールウェア
作者: roz 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

ビジュアル  CPU 


「CPU情報表示・設定」カテゴリーの人気ランキング

  1. StressMetor CPUにかかっている負荷をビジュアルで確認(ユーザー評価:0)
  2. PowerXplorer Power Macintosh ネイティヴの浮動小数点演算の速度テスト用ソフト(ユーザー評価:0)
  3. eBench Excel 98のマクロ機能を利用したベンチマークソフト(ユーザー評価:0)
  4. PPC Clock Speed Power Macintoshのプロセッサ/バスクロック周波数を表示(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック