Tinysoft ATOKDriver

JW以外の普通のエディタ上でATOK8を快適に使えるようにする


ソフト詳細説明

DOS版のATOK8は、ジャストウィンドウ(JW)上では一度に100文字まで変換できますが、通常のDOS上ではたったの30文字しか受け付けてくれないため、単にATOK8を自動変換に設定しただけでは、自動変換が発動する前に30文字の制限に掛かってしまい、実用になりません。また、普通の(JW以外の)テキストエディタで日本語の文章を入力する場合、画面の下の方で入力していると、未確定文字列の表示がファンクションキーの機能の表示やシステムラインに飲み込まれ、見えなくなるという問題もあり、レポートなどの長文の入力では、かなりの能率の低下を招きます。TATOKDは、これらの問題を一掃します。普段使い慣れたエディタの上で、JW環境でのそれと同等のATOK8を提供します。

動作環境

Tinysoft ATOKDriverの対応動作環境
ソフト名:Tinysoft ATOKDriver
動作OS:MS-DOS
機種:PC-98
種類:フリーソフト
作者: KAZ.K 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

エディタ  快適  以外  JW  ATOK 


「ATOK用」カテゴリーの人気ランキング

  1. ATDU ATOK8用辞書内部の登録名の変更(ユーザー評価:0)
  2. Tinysoft ATOKDriver JW以外の普通のエディタ上でATOK8を快適に使えるようにする(ユーザー評価:0)
  3. ATOKTILD MS-DOS版のATOK9で [~] キーで '〜' を表示させるためのパッチ(ユーザー評価:0)
  4. ATOKUMB ATOK8A/ATOK9A.SYS をUMBに揚げる(ユーザー評価:4.5)
  5. AHEN ATOK8 を用いた ANK テキスト変換(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック