Kill-Ring-Browser

kill-ring の内容を確かめながら yank できるようにする elisp


ソフト詳細説明

オリジナルの Emacs でも kill-region (C-w) や copy-region-as-kill (M-w)
を実行すると kill-ring 変数にそのテキストがリストの形で蓄積され、yank
(C-y) で貼り付けができ、yank-pop (M-y) でその kill-ring を遡ることができ
ます。

しかしながら、kill-ring の内容を見た上で yank する訳ではないので、
yank-pop する度に場合によっては画面が激しく書き替えられ、目がチカチカして
しまいます (*_*)。

browse-yank.el は別窓を開き、その中で kill-ring の内容を確かめながら
yank できるようにする elisp です。

動作環境

Kill-Ring-Browserの対応動作環境
ソフト名:Kill-Ring-Browser
動作OS:汎用
機種:汎用
種類:GPL
作者: Robert Mende 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

elisp  kill  yank  ring 


「Emacs」カテゴリーの人気ランキング

  1. mule-2.3@19.30 DOS-Extender GO32 上で動作する多国語対応エディタ go32win 対応版(ユーザー評価:0)
  2. NIT Eamcs NIT Eamcs: NIhongo Tiny Emacs(ユーザー評価:0)
  3. MicroEmacs 98シリーズ用 実行モジュール 3.9e 日本語対応版 PC-9801シリーズ(高解像度を含む)用 実行モジュール(ユーザー評価:0)
  4. NG ソース Mg(MicroGnuEmacs)をベースにした日本語エディタ(ユーザー評価:0)
  5. Freemacs ソース 日本語 Freemacs(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック