TEDIT

縦書きエディタ & テキストデータベース


ソフト詳細説明

 縦書きはこの地球上で極東にしかありません。中共では戦後横書きが奨励され、新
聞も横書きになってしまいましたが、モンゴル文字や韓国のハングル文字と並んで日
本は数少ない縦書き文化の国です。

 縦書きは、従来、パソコンの世界では印刷時のみで画面上は横書きが常識でしたが、
ようやく市販品も登場したようで、Windowsや一太郎Ver.5 でも縦書き入力が
できるようになりました。

 わたしの縦書きエディタは、平成2年9月ころ N88-BASIC(86)で書いた縦書きエディ
タを発表したものが出発となり、それをQuickBASIC でコンパイルするようになり、
バージョン1.7A(TEDITQB.EXEver1.7A)でエーアイ出版『PDSのすべて』に紹
介されました。

 平成3年1月からはC言語によりまったく新たにソースを書きはじめましたが、これ
が『パソコン通信』7月号にディスク収録になりました。平成3年秋、テキストデー
タベース機能を搭載、縦画面による一覧モード、dBI(ビルマ氏作)へのデータ変換
などをサポート。いくつかの書籍で紹介されました。

 なお、tEDIT はMS-DOSver2.11 以上であれば "すべて" のパソコンで使用可能のは
ずです。もし、対応できないMS-DOSパソコンがあればご連絡ください。
【編集者注】
旧版であるが添付ドキュメントの関係で収録した。

動作環境

TEDITの対応動作環境
ソフト名:TEDIT
動作OS:MS-DOS
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 神谷 貫一 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

テキスト  エディタ  データベース  縦書き 


「TEDIT」カテゴリーの人気ランキング

  1. TEDIT 縦書きエディタ & テキストデータベース(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック