unsfx(SFX->LZH) for unlha32.dll(16bit版)

unlha32.dll で作成された自己解凍ファイルを戻す 16bit版


ソフト詳細説明

はじめに

 LHAの自己解凍ファイルをもとの書庫ファイルに戻すプログラムは 山のようにあるのですが、 どうも unlha32.dll で作成された自己解凍ファイル(WinSFX)を戻すプログラムは見あたらなかったので、ものの試しに作ってみました (since 1996/6/10)。
 基本的には unsfx.com や lhtouch.exe が対応してくれるまでのつなぎ程度の代物です(あ、もしかして対応してたりして)。

 特に問題が無ければ、これで最終版とします。 問題があれば笑って許して下さい。もしくはメール下さい。 対応できるとは限りませんが (^^;

使い方は、

prompt> un32 WinSFX.EXE

 念のため作成された LZH ファイルは "lha t" コマンドでテストして下さい。

 取り扱いは、一般的なFSWと同じと考えて下さい。 当然、あらゆる損害に対しての補償はありません。

補足
  1.もしかしたら動くかもしれない機能
   WinSFX を書庫ファイルに戻す(爆)。 その際に WinSFX のインフォメーション表示。 LHA(2.13) の SFX を書庫に戻す。
  2.もしかしたら動くかもしれない“おまけ”
   ARJ(2.50a) の SFX を書庫に戻す。
  3.作者の希望
   基本的には unsfx.com か lhtouch.exe で対応してくれないだろうか?
   このプログラムを信用してはいけません (^^;必ず書庫をテストして下さい。

動作環境

unsfx(SFX->LZH) for unlha32.dll(16bit版)の対応動作環境
ソフト名:unsfx(SFX->LZH) for unlha32.dll(16bit版)
動作OS:MS-DOS
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: Yoshi-a 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

解凍  自己  dll  bit  unlha 


「LHA用」カテゴリーの人気ランキング

  1. LHAZ 一度無圧縮したものを再圧縮して圧縮効率を高める(ユーザー評価:0)
  2. LHT LHA書庫内 Tree表示(ユーザー評価:0)
  3. LHadj LHA書庫についたゴミを除去&タイムスタンプを補正する(MacBinary対応)(ユーザー評価:0)
  4. LHF LHAファイル内のファイルに対して拡張子別に登録コマンドを実行(ユーザー評価:0)
  5. LHS LZH ファイルを解凍せずにその中に格納されているファイルを参照,実行(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック