Japanese file DUMP tool

日本語ダンプツール


ソフト詳細説明

■ 機能
ファイルを指定した場合、ファイル内容を16進ダンプします(標準).
ファイル名として '−' を指定すると標準入力からデータを読み、ダンプします(フィルタ動作).
@ オプションを指定すると、ファイル内容を以下それぞれのコードとして標準出力に書き出します.このとき小文字オプションでは入力時、大文字オプションでは出力時に、それぞれ該当するコードとして処理します.

[1バイト系文字]
a, A ANKコード(英文字、数字、Kana文字)
e, E EBCDICコード
[2バイト系文字]
j, J JIS[1983]漢字コード
s, S Shift-JIS(JMS)漢字コード
u, U EUC漢字コード(UJIS漢字、JEF[富士通]漢字、KEIS[日立]漢字)

r, w オプションでそれぞれ入出力時の漢字IN, 漢字OUT文字の指定が可能です.

漢字IN文字列 漢字OUT文字列 対象漢字コード

r0, w0 : \033$B \033(J JIS(87)
r1, w1 : \033$@ \033(J JIS(78)
r2, w2 : \050 \051 JEF(12points)
r3, w3 : \070 \051 JEF(9 points)
r4, w4 : \033K \033H NEC
r5, w5 : \012\102 \012\101 KEIS

このほか r, w オプションでは5文字までの任意の漢字IN, 漢字OUT文字列の指定が可能です.
また、旧版 Jd.exe (v2.1) にいくつかの拡張、改善を加えました.詳細は jd.docを御読みください.

● 旧版からの変更点

1) Linux に移植した。以下の点を除いてDOS版と全く同じ仕様にした。[相違点] オプションの開始文字はDOS版では '/'、Linux版では '−' である。
2) ヘルプメッセージを表示するオプションを '?' から 'h' に変更した。
3) ファイル名として '−-' を指定すると標準入力から読み込むこととした。
(従来は '−' で同じ動作をしていた)

●使用方法

オプション無しで、単に JD と入力すればヘルプメッセージがでます。
JD.DOCがマニュアルです。

●how to make

1) DOS版の作り方 [LSI C-86 Ver 3.30c(試食版)]

lha x jd22.lzh
copy makefile.dos makefile
make clean
make
make install

2) Linux版の作り方 [gcc]

lha x jd22.lzh
ln -fs makefile.lnx Makefile
make clean
make
make install

動作環境

Japanese file DUMP toolの対応動作環境
ソフト名:Japanese file DUMP tool
動作OS:MS-DOS
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 有家 佳紀 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

ダンプ 


「バイナリファイル処理」カテゴリーの人気ランキング

  1. STRINGS バイナリ・ファイルの中の文字列(漢字を含む)を抜き出して表示(ユーザー評価:0)
  2. crc file の 32bit の CRC を計算(ユーザー評価:0)
  3. DOS バイナリ表示ツール bindisp バイナリデータをいろいろな形式で表示できるDOSツール(ユーザー評価:0)
  4. 16進バイナリー検索置換 特定16進バイト(HEX)文字列を検索、その直後に別の特定16進に上書き置換(ユーザー評価:0)
  5. バイト文字列検索置換 特定バイト文字列を検索、その直後を別の特定バイト文字列で上書き置換(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック