K-filer

ツリーとファイル画面並立のファイラツール


ソフト詳細説明

K-filer は PC-9800 シリーズ専用の MS-DOS 用ファイル操作ソフトです。

特徴
ディレクトリのツリー画面とファイル画面を併用するファイル操作ソフトです。ツリー画面とファイル画面を同じ画面に表示するディレクトリモードと、ファイル画面を全体に表示するファイルモードの2つのモードを装備しています。ディレクトリやファイル操作のほとんどがツリー画面でもファイル画面でも行え、2つの画面を連動させてファイル操作を行うことができます。またコピーや解凍圧縮、コマンドの実行時などの実行先を入力するほとんどの画面で単独のツリー画面を呼び出すことができ、各種コマンドの実行先ディレクトリと現在のカレントディレクトリとの間を即座に移動することができます。そのほかにディレクトリやファイルのドライブ全体またはカレントディレクトリとそのサブディレクトリ内からの検索機能や、コピー時の豊富なオプションなどの特徴があります。

動作環境

K-filerの対応動作環境
ソフト名:K-filer
動作OS:MS-DOS
機種:PC-98
種類:フリーソフト
作者: 三枝 克行 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

ファイラ  並立 


「各種ファイラ」カテゴリーの人気ランキング

  1. WD 98用ファイラー(ユーザー評価:4.5)
  2. FE MS-DOS 用のFiler & Editor ユーティリティ(ユーザー評価:0)
  3. K-Launcher ラウンチャ機能を持つファイル管理ソフト(Win95 の LFN対応)(ユーザー評価:0)
  4. K-filer ツリーとファイル画面並立のファイラツール(ユーザー評価:0)
  5. DI General ファイル管理ツール(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック