SLEEPLES

キーを押さなくても,ディスクにアクセス中は自動電源OFFまでの時間を延長する


ソフト詳細説明

 HP100LX/HP200LXは強力なパワーマネージメント機能を搭載しており、可能な限り無駄な電力消費を削減する工夫がされています。その一つとして、オートパワーオフ機能があり、3分間キーを押さなければ自動的に電源OFF状態になります。
これは大変素晴らしい機能なのですが、CやTeXのコンパイル、巨大ファイルの圧縮や巨大ログのログビューアへの全読み込みなど、3分で終わらないようなファイル処理を実行すると、3分後に電源が切れてしまい、何分も放置したのに処理が終わっていないということがおこります。だからといって、オートパワーオフ時間を長くしておくと、電源を切り忘れたときに電池が消耗してしまいます。
このプログラムは、キーを押さなくても、ディスクへのアクセスが行われると、キーを押したときと同じように電源OFFまでの時間を延長します。ですから、3分以内にディスクにアクセスを繰り返している限り、電源が切れません。さらに、処理が終わって待機状態になると、3分後にちゃんと電源が切れてくれます。コンパイラやアーカイバを起動して、そのまま鞄にしまってしまえば、作業が終わるまで処理を続けて、終わったら勝手に電源を切ってくれるわけです。

動作環境

SLEEPLESの対応動作環境
ソフト名:SLEEPLES
動作OS:MS-DOS
機種:その他
種類:フリーソフト
作者: 森 治也 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

キー  アクセス  延長 


「HP-100・200LX用」カテゴリーの人気ランキング

  1. X-Finder 魔法のゆーてぃりてぃ(ユーザー評価:0)
  2. X-Finder Server PC-98シリーズ NEC PC-98シリーズ版のX-Finder Server(ユーザー評価:0)
  3. LXFC - LX Filer Client UNIX を HP 100/200LXの Filerクライアントに(ユーザー評価:0)
  4. Pocket Launcher 定義してあるリストから選択して,一連のキー操作を実行(ユーザー評価:0)
  5. キーコード表示 keycode.exm 押されたキーのキーコードを表示(exm形式)(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック