File SEARCH

ファイル検索プログラム


ソフト詳細説明

 パラメータで指定したファイル名に対応するファイルを検索し、最初に見つけたファイル名を表示します。パラメータに読み込みファイル番号(読み飛ばすファイル数)を指定することで、任意のファイル名を設定できます。

 特殊なパラメータとして「/D」と「/E=環境変数」と「/N」も受け付けており、他のパラメータとの間に半角のスペースを1個づつ置いて指定します。
 「/D」を指定すると、ファイル名を表示しません。
 「/E=」を指定すると、ファイル名を環境変数名に設定できます。
MS−DOSのSETコマンドとは異なり、MS−DOS起動時に指定した環境エリアの大きさを越えて設定することはできないため、もし「環境エリアオーバー」と表示されたなら「CONFIG.SYS」の「SHELL= ・・・ /E:999」で指定する環境エリアサイズを大きくしてください。子プロセスでは環境エリアが少なくなるため「環境エリアオーバー」になりやすくなります。
 「/N」を指定すると、ドライブ番号やディレクトリ名や拡張子を除いたファイル名(8バイト)を環境変数に出力します。「/N=」の後に「D」、「P」、「X」を指定して、出力するファイル名を変更できます。
 「D」を指定するとドライブ番号をファイル名に出力します。
 「P」を指定するとディレクトリ名をファイル名に出力します。
 「X」を指定すると拡張子をファイル名に出力します。
 省略すると「/N=DPX」(ドライブ番号、ディレクトリ名、拡張子の全てを含んだファイル名を出力)になります。

動作環境

File SEARCHの対応動作環境
ソフト名:File SEARCH
動作OS:MS-DOS
機種:IBM-PC PC-98
種類:フリーソフト
作者: 井上 明子 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

検索 


「検索」カテゴリーの人気ランキング

  1. ファイル検索&バッチ作成 ファイルを検索するプログラム(ユーザー評価:0)
  2. WHICH いわゆる which コマンドの拡張版(ユーザー評価:0)
  3. LHa-Whereis ファイル検索工具(ユーザー評価:0)
  4. ScanGarbage 同一名称又は特定ファイルの検索を行い、一覧表から削除・コピー等を行う(ユーザー評価:0)
  5. super Find tool ファイル検索ツール(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック