TX100

温度計モジュールからデータ受信


ソフト詳細説明

 株式会社 CUSTOM(本社・東京都世田谷区)から発売されている、デジタル温度計モジュール TX-100は、最高1秒ごとに温度を計測し、シリアルデータとして出力する機能を持っています。TX100.EXEは、簡単なインターフェースを用いてTX-100からのシリアルデータを受信するプログラムです。
 TX100.EXEを実行すると、TX-100から温度データを受信して、画面に表示します。リダイレクトして、ファイルなどに記録することができます。
 また、HP100LX/200LX BIBLE(SOFT BANK刊、関谷博之・濱田宏貴 共著)に収録されているSTAT100.EXEを使えば、一定時間間隔で自動的にLXの電源を入れ、温度を測定し、すぐ電源を切るといったことが可能になり、長期間にわたってA/Cアダプタを使用することなく温度データをとることが可能です。

動作環境

TX100の対応動作環境
ソフト名:TX100
動作OS:MS-DOS
機種:IBM-PC
種類:フリーソフト
作者: 森 治也 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

モジュール  受信  温度 


「HP-100・200LX用」カテゴリーの人気ランキング

  1. EXEM_LX DOSプログラムを起動するEXMタイプのプログラム(ユーザー評価:0)
  2. maxdos System Manager実行下で広いdos空間を(ユーザー評価:0)
  3. EMM200 Expanded Memory Manager for HP100LX/200LX(ユーザー評価:0)
  4. MAC2XF Macintosh→X-Finder 長い名前の変換(ユーザー評価:0)
  5. MoreEXM AppManagerのEXM登録個数拡張(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック