EXIST

ファイルの存在チェック


ソフト詳細説明

バッチファイル内でファイルの存在をチェックするときに、
if exsit filename
のようにしますが、これには以下のような問題があります。
1)filenameがファイルなのかディレクトリなのかわからない
2)filenameがフロッピに対するアクセスのときにフロッピドライブが
準備できていないと
  「ドライブの準備ができていません <I><R><F>」
  などという表示がされてしまい、画面が乱れる。
3)ファイルサイズが0バイトのファイルでもif existが成立する。
(これはこれで良いのですが、ファイルが0バイトであることを
  知りたいこともあると思います。)
4)ファイルの新旧(日時)までチェックできない
(EXIST Ver 1.3よりチェック機能サポート)

EXIST.EXE コマンドはこれらの不満を解決するコマンドです。
不要な人には全く不要ですが、いままで困ったことがある人にとっては、
 便利なコマンドだと思います。

動作環境

EXISTの対応動作環境
ソフト名:EXIST
動作OS:MS-DOS
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 藤城 功司 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード


「バッチ用」カテゴリーの人気ランキング

  1. BATCH FILE Compiler .BATファイルを .COMファイルに(ユーザー評価:3.5)
  2. BAT to COM file バッチファイルがCOMファイルとして実行可能に(ユーザー評価:0)
  3. BinExtraction.exe バイナリーファイルから部分抽出する(ユーザー評価:0)
  4. WIKEYV3 バッチ項目を直接選ぶ・マウス対応版(ユーザー評価:0)
  5. BE .BATファイル "MS-DOSクリソツ" シミュレータ(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック