FELP

遠隔ファイル復元


ソフト詳細説明

●概要
破損したファイルの所持者と正常なファイルの所持者の間で、
出来るだけ少ない容量のファイルを交換して破損ファイルを
正常に戻します。

●原理
まず破損ファイル所持者(以下の説明でプロンプト A>)が、
そのファイルからCRCデータ(誤り検出データ)を抽出し、
正常ファイル所持者に送ります。

次に正常ファイル所持者(同様に B>)は、
そのCRCデータと正常ファイルのCRCを比較し、
一致しない部分を差分ファイルとして作成し、
破損ファイル所持者に送ります。

そして破損ファイル所持者は、
その差分と破損ファイルを合成して、
正常ファイルに復元します。

●用途
ダウンロードに失敗したファイルを持っているとき、
それに成功したファイルを持っている人から
失敗した部分に相当する差分を送ってもらって
ファイルを復元することができます。

ディスク巡回サービスなどでフロッピーにエラーが生じた時、
エラー部分だけを再送してもらうという用途にも使えます
(フロッピーをベタファイルに変換するプログラムを併用。)

動作環境

FELPの対応動作環境
ソフト名:FELP
動作OS:MS-DOS
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: morca 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

復元  遠隔 


「ファイル管理」カテゴリーの人気ランキング

  1. LST 多機能ディレクトリ・リスタ ソース(ユーザー評価:0)
  2. ドライブディレクトリvup 参照するドライブ、ディレクトリのファイル、ディレクトリを更新(ユーザー評価:0)
  3. MODB MO,FD等に保存されているファイル名にコメントを付けて保存(ユーザー評価:0)
  4. FCMP ディレクトリごとファイル比較(ユーザー評価:0)
  5. ドライブクラスタサイズ取得 ドライブあるいはディレクトリのクラスタ数から使用サイズを取得(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック