汎用ローダー

汎用ローダー


ソフト詳細説明

FD.COM のソースに少し手を加えて汎用のローダーにしたものです。ローダー LD.COM
との通信機能を持つプログラム(仮に LD.EXE とする)を準備し、LD.COM を通して
LD.EXE を起動すれば、 LD.EXE が子プロセスを起動するとき、LD.EXE を終了して
LD.EXE の使用メモリーを解放し、LD.COM が子プロセスを起動するようにできるので
子プロセス用のメモリーが広がります。

次の2つの使い方ができます。

1. このままの ld.com の場合は、ld.com を *.com (* は任意)にリネ
ームすると *.exe を起動するローダーになる。(MS-DOS Ver.2.XX
では使用不可)
2. symdeb などで、起動するメインプログラムファイル名を ld.com の
中に書き込むと、 ローダーのファイル名に関係なく、そのプログラ
ムファイルを起動する。

起動される メインプログラム用の関数の C ソースのサンプル(LD.C)つきです。

動作環境

汎用ローダーの対応動作環境
ソフト名:汎用ローダー
動作OS:MS-DOS
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 栗田 厚  出射 厚 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

ローダー 


「シェル強化」カテゴリーの人気ランキング

  1. safetee 標準出力と標準エラー出力を画面とファイルに出力する tee(ユーザー評価:0)
  2. SOS コマンド実行支援ツール(ユーザー評価:0)
  3. ptee 標準出力のファイルへのリアルタイム分岐(ユーザー評価:0)
  4. Symbolic-link ドライバ ファイルを「リンク」する(ユーザー評価:0)
  5. WEX ワイルドカード処理ができないプログラムで、ワイルドカードを扱えるように(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック