HS

ヘッダの見えるファイルセレクター


ソフト詳細説明

★HS ヘッダの見えるファイルセレクターとは
★ファイル名だけで、判りにくいファイルも、
 ファイルのヘッダ(ファイルの先頭部分 0〜67バイト)を一覧表示して、
 (.LZH アーカイブファイルの時は、ドキュメントを探してそれを表示)
 中身を確認しながら、MIDIデータ等を選択、演奏したり、
 コピー、削除等が出来、ファイルの整理が出来るソフトウェアです。
★ .LZH アーカイブファイルで[RET]を押すと、ディレクトリを作って解凍して、
音楽データは演奏を、画像データは表示をしたのち、すぐに削除します。
★ドライブ変更、ディリクトリ移動が1キーでできます。
★スクリーンセイバー起動機能。
★同時に二つのディレクトリを表示でき、コピー操作などが明確にできます。
★HSは、かなりの柔軟性を持っています。
 キー定義ファイルを変更することによって、
 内部コマンドはもちろん外部コマンドをどのキーにも簡単に割り当てることができ、
 さらに拡張子別処理ができるので、いろいろな機能を付ける事ができ、
 ユーザーが自分の好みに合わせた設定にできます。
★また、キー定義ファイルは、バッチファイルを書く感覚で変更できるので、
 バッチファイルを理解している人には、簡単に変更できるかと思います。
★これらの機能によって、メニューソフトウェア的な使い方も出来ます。
★特に、MIDIデータ、画像データを沢山持っている方にお薦めします。

動作環境

HSの対応動作環境
ソフト名:HS
動作OS:MS-DOS
機種:PC-98
種類:フリーソフト
作者: 鷲見 英典 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

ヘッダ  セレクター 


「各種ファイラ」カテゴリーの人気ランキング

  1. WD 98用ファイラー(ユーザー評価:4.5)
  2. K-filer ツリーとファイル画面並立のファイラツール(ユーザー評価:0)
  3. EXSK 特殊キーの状態でツール切り替え(ユーザー評価:0)
  4. DFX コンパクト・高速を目指して作られたファイル管理ツール(ユーザー評価:0)
  5. DI General ファイル管理ツール(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック