LST

多機能ディレクトリ・リスタ ソース


ソフト詳細説明

 このソースにはほとんどコメントが入っていませんので、非常に分かりにくい
と思います(^_^;)。また、高速化および小サイズ化のために、あえて Pascal で
はお勧めできないコーディングをしています。したがって、正統な Pascal プロ
グラミングの参考にはなりません。
 このソースで参考になるところがあるとすれば、inline assembler の使い方
くらいなものでしょう。

 開発に用いた処理系は Turbo Pascal 5.5 ですが、Object は使用していませ
んので、5.0 以降でコンパイル可能です。ただし、98 版の 5.0 や IBM-PC 版の
5.0 以降でコンパイルした実行ファイルは、漢字のディレクトリ名が存在する場
合に正常に動作しないことがあります。
 また、4.0 以降に追加された機能や Turbo Pascal 独自の機能を多用している
ため、3.0 や他の Pascal 処理系に移植するのは、結構大変だと思います。

 なお、LST.PAS をコンパイルする最には、事前に LSTLIB.ASM をアセンブルし、
LSTLIB.OBJ を作成しておいてください。LSTLIB.ASM は、MASM でもアセンブル
できるはずです。
 LSTMAC.ASM は、inline macro 作成のためのソースなので、アセンブルする必
要はありません。

動作環境

LSTの対応動作環境
ソフト名:LST
動作OS:MS-DOS
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: Hidemi Oya 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

基本料金無料の『みんなの電子署名』

■関連キーワード

ディレクトリ  リスタ 


「ファイル管理」カテゴリーの人気ランキング

  1. ddiff ディレクトリを2つ指定してその内容の比較を行います(ユーザー評価:0)
  2. LT ファイルのサイズ、属性、修正日時を表示 三版(ユーザー評価:0)
  3. マルチファイル名タイトル書き込み ファイルの先頭にファイル名を書き込み(ユーザー評価:0)
  4. FIC ファイル名中の使えない文字をチェック(ユーザー評価:0)
  5. DOS ファイル管理ツール各種(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック
基本料金無料の『みんなの電子署名』