eset

標準入力の文字列をコマンドラインで指定した環境変数にセット


ソフト詳細説明

eset <1番目の変数> <2番目の変数>

とすると、標準入力の1行目の文字列を1番目の変数に2行目の文字列を2
番目の変数に設定します。(以下、コマンドラインの文字数制限までは繰
り返すことができる。)

つまり、 foo.env というファイルに
/qc/lib
/qc/include
/msc/lib
/msc/include
などと記述しておいて、
grep qc foo.env | eset lib include

grep msc foo.env | eset lib include
で一気に書き換えることができます。

動作環境

esetの対応動作環境
ソフト名:eset
動作OS:MS-DOS
機種:汎用
種類:PDS
作者: Yamashin 

ユーザーの評価(1人):4.5
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

コマンド  変数  ライン 


「環境変更・表示」カテゴリーの人気ランキング

  1. LPKKC KKCFUNC.SYS 互換ドライバ(ユーザー評価:0)
  2. KKCFuncサポートドライバ 日本語FEPの動作や切替のサポートをするドライバ(ユーザー評価:0)
  3. DRVEXEC config.sysから何でも起動しちゃおう! 実行形式(ユーザー評価:4.5)
  4. ENV_DRV 接続ドライブの種類を環境変数に設定する(ユーザー評価:0)
  5. DRVEXEC ソース config.sysから何でも起動しちゃおう! ソース(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック