#m

MENU(engine) バッチファイル用メニュー


ソフト詳細説明

DOS6に対応していません

☆ バッチファイル中で使用するメニュープログラムです.
☆ 自身を呼び出したバッチファイルからメニュータイトルを取得するので,別途データファイルを用意する必要がなくなります.
☆ 選択実行時に #m がバッチファイルの制御をタイトル行に移動させるので,バッチファイルに if ERRORLEVEL <num> goto LABEL のような分岐コマンドを記載する必要がなくなります(バッチファイルの保守作成が容易になる).
☆ 画面設計を自分の好みにできます(#m はタイトルを表示するだけで,他の画面描画を行わず,特に指定しないかぎり画面消去も行わない).

★ #m 自身は,タイトルの文字列等をテキストとして表示するだけのものであり,グラフィカルな表示は行いません.
  また,#m 自身は,タイトルの選択によりバッチファイルの飛び先を制御するだけのものであり,統合環境的な他の特別な機能は持っていません.
  これらの機能が必要な場合には,#m の直前に他のコマンドを起動して画面表示させたり,又は #m のソースを取り込んで再コンパイルしたプログラムによって実現することを期待しています.

動作環境

#mの対応動作環境
ソフト名:#m
動作OS:MS-DOS
機種:汎用
種類:PDS
作者: 寿堂 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

バッチ  engine  MENU 


「メニュー」カテゴリーの人気ランキング

  1. DMENU MS-DOS汎用 メニュー(ユーザー評価:0)
  2. OZMENU Graphical Hard Disk Menu OZ(ユーザー評価:0)
  3. 雄山 至高のメニュー(ユーザー評価:0)
  4. EHMENU 簡単操作のメニューソフト(ユーザー評価:0)
  5. Oz Doors for PC-98 Win95の「雰囲気」! アイコン選択のメニュープログラム(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック