DSHAR

バッチファイル型の自己展開アーカイブを作る


ソフト詳細説明

 dsharは、MS-DOS下でいくつかのファイル(バイナリもOK)をまとめて一つの自己展開アーカイブを作るソフトウェアであり、すなわちアーカイバの一種です。と言っても、これだけではdsharの本質を説明したことにはなりません―アーカイバは他にも星の数ほどあるのですから。

 dsharの最大の特徴であり、他の多くのアーカイバと最も異なる点は「作成されるアーカイブがバッチファイル型の自己解凍アーカイブとなる」ということです。それを、MS-DOSにてcommand.com下で実行することによって、ファイルの復元が行われるという仕組みです。言い換えればdsharとはUNIXのshar(シェルスクリプト型の自己解凍アーカイバを作るソフト)と同じような働きを、MS-DOSで実現してくれるプログラムです。

 作成されるアーカイブがバッチファイルであるということは、当然それはテキストファイルだということです。しかも、ファイル名に漢字が混じっているなどの場合を除き、アーカイブにはASCII可読文字と改行・空白文字しか使われません。従って、インターネットの電子メールなど、テキストベースの伝送手段で、そのまま送ることも可能です。なお、Ver.2.00以降ではmultipart archiveの生成も可能になりました。

 一応DOS(2.0以上)汎用になっていると思います(が、DOS3.1, 3.3以外での動作は未確認です)。NEC PC-9801VX(DOS3.3)、EPSON PC-286V、日立B32GX、富士通FM-R50SHX、東芝J-3100SX041P(以上DOS3.1)などでの動作(生成したアーカイブの解凍を含む)が確認されています(Ver.1.16時点でですが、それ以降のものも同様に動作するはずです)。

 また、dsharはUNIX上でコンパイル・実行することもできます。この場合もむろん、生成されるアーカイブはMS-DOSのバッチファイル形式です。一方、添付の別コマンドundshar(シェルスクリプト)を使えば、dsharによるアーカイブをUNIX上で解凍することも可能です(当然、Ver.2.00以降のundsharはmultipart archiveの解凍も可能です)。

動作環境

DSHARの対応動作環境
ソフト名:DSHAR
動作OS:汎用
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 新出 尚之 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

バッチ  展開  自己  アーカイブ 


「アーカイブユーティリティ」カテゴリーの人気ランキング

  1. gzip GNUのファイル圧縮ツール DOS用実行形式(ユーザー評価:0)
  2. EXE2CAB Self-Extract Cabinet file を Cabinet file に変換(ユーザー評価:0)
  3. GNU zip 日本語版Gzip(ユーザー評価:0)
  4. Info-UNZIP Info-UNZIP DOS実行形式(ユーザー評価:0)
  5. Info-UNZIP Info-UNZIP DOS実行形式 386以上用(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック