cp

ファイルおよびディレクトリのコピー ソース


ソフト詳細説明

 cpコマンドは,ユーザが<source>で指定したファイル群を<target>で指定したディレクトリまたはファイルにコピーするコマンドです。<target>で指定したディレクトリが存在しなければcpコマンドが自動的にディレクトリを作成します。MS-DOS/PC-DOSが動作する機種であれば動作します。
 <source>の部分には複数のファイル名やディレクトリ名を一個以上の空白文字で区切って指定します。コピーするファイル名の指定には正規表現が利用できますが,正規表現にマッチするのはファイル名のみです。パス名および<target>の指定には正規表現は使用できません。ファイル名とディレクトリ名は漢字を含んでいても構いません。ただし,パターン・マッチ機能は制約されます(後述)。
 3.0版以降のcpコマンドでは,ディレクトリ名は正規表現にマッチしないように変更されました。-rオプションを指定した場合,cpコマンドは<source>で指定されたディレクトリ下のすべてのサブ・ディレクトリから指定された正規表現にマッチするファイルを探し,<target>下へディレクトリ構造ごとコピーします。必要なディレクトリだけが自動的に作成されます。ディスク内でのファイルやディレクトリの物理的順序(FAT上の順序)も保存します。ドライブC:上のすべてのバックアップ・ファイル(".bak"で終るファイル)をドライブA:のディレクトリ\bak下にディレクトリ構造ごとコピーするには
cp -r c:\*.bak a:\bak
とします。
 <source>にディレクトリ名を直接指定した場合は,指定されたディレクトリ下の全ファイルが指定されたものと解釈します。
 パス名区切り文字は通常"\"ですが,ユーザが"/"と設定している場合があります。cpコマンドは,無指定または-Pオプション指定時にはパス名区切り文字がどちらであるかをMS-DOSに問い合わせ,その設定に従います。-pオプション指定時にはMS-DOSに対する問い合わせは行いません。パス名区切り文字はMS-DOSの規定どおり"\"であると解釈します。以下に実行例を示します。パス名区切り文字は"\"に設定されているものとします。

動作環境

cpの対応動作環境
ソフト名:cp
動作OS:MS-DOS
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: daigo 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

ディレクトリ 


「ファイルコピー」カテゴリーの人気ランキング

  1. zcopy 高機能ファイルコピー(ユーザー評価:4.5)
  2. ドライブディレクトリコピー ドライブあるいはディレクトリの全体を上書きコピー(ユーザー評価:0)
  3. Advanced! CP ファイルの複写(ユーザー評価:0)
  4. Quick Copy 高速コピー(ユーザー評価:0)
  5. ドライブディレクトリ移動 ドライブあるいはディレクトリの全体を上書き移動(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック