BACK

バックアップユーティリティ


ソフト詳細説明

バックアップユーティリティー BACK BY 安倍 晴明; Ver 1.1, 1988.5.1.
使い方 : back [元ファイル名] [保存先名] [オプション]
〈機能〉主にバックアップを目的として、[元ファイル]をディレクトリ
構造ごと[保存先]にコピーします。
デフォルトでは、[保存先]の方が新しい場合、および[元ファイル]
の拡張子が .BAK である場合は保存しません。
元ファイル名:ワイルドカード が使えます。ディレクトリ名でも構いません。
保存先   :ドライブ名以外は、特に指定する必要はありません。
       ドライブ名:@ とすると カレントディレクトリに バックアップします。
オプション :/H 使い方の説明を表示します。
       /B .BAK の拡張子の着いた ファイル も バックアップ します。
       /A 日付の後先、拡張子の如何に関わらずコピーします。
       /F 下位のディレクトリはバックアップしません。

動作環境

BACKの対応動作環境
ソフト名:BACK
動作OS:MS-DOS
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 古田 啓 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

ユーティリティ  バックアップ 


「バックアップ」カテゴリーの人気ランキング

  1. D2F FAT32対応 バックアップツール(ユーザー評価:4.5)
  2. CPTD 期日指定&職住間ディレクトリコピー(ユーザー評価:0)
  3. HD定期バックアップ LHAを利用してHDのファイルをHDで一時的にバックアップ(ユーザー評価:0)
  4. ブリーフケース 強力ファイル更新ソフト(ユーザー評価:0)
  5. LHI CX & LHA 分割ディスク展開ツール(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック