ENV_DRV ソース

接続ドライブの種類を環境変数に設定する


ソフト詳細説明

本プログラムは、MS-DOS上でシステムが認識する全てのドライブの種類を環境変数に設定するものです。
例えば、

A:, B: .... ハードディスクドライブ
C:, D: .... フロッピーディスクドライブ
E:   .... MOディスクドライブ
F:, G: .... RAMドライブ
H:   .... 仮想ドライブ(SUBSTによる)
L:   .... CD-ROMドライブ
M:, N: .... リモートドライブ(MS-Networks/NetWare)

の場合、下記のように環境変数がセットされます。

HD1=A:
HD2=B:
FD1=C:
FD2=D:
OD1=E:
RD1=F:
RD2=G:
RD~=G:
SD1=H:
CD1=L:
ND1=M:
ND2=N:
SYSDRV=A:  (A:がカレントドライブの場合)
LASTDRV=N:

動作環境

ENV_DRV ソースの対応動作環境
ソフト名:ENV_DRV ソース
動作OS:MS-DOS
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 山下 良輔 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

ドライブ  変数 


「環境変更・表示」カテゴリーの人気ランキング

  1. LPKKC KKCFUNC.SYS 互換ドライバ(ユーザー評価:0)
  2. KKCFuncサポートドライバ 日本語FEPの動作や切替のサポートをするドライバ(ユーザー評価:0)
  3. マルチ回転扉作成 HTMLのrefreshを使った時間指定、自動逐次画像表示(ユーザー評価:0)
  4. CLK$ CLOCKデバイスの名前をCLOCK$に変更(ユーザー評価:0)
  5. ENV_DRV 接続ドライブの種類を環境変数に設定する(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック