MOVE

ファイル移動


ソフト詳細説明

Move file utility Version 1.0 Copyright T.T.Okazaki
使用法:
prompt>move [<switch>[<switch>..]] <source> [<distination>]
switch
-o タイムスタンプ無視 : -O タイムスタンプ無視解除
-v ファイル名表示 : -V ファイル名表示解除
ファイルの指定法はcopyコマンドに準じます。

 moveのデフォルト値は-O -V 、つまり転送時にタイムスタンプを比較して、転送したファイル名は表示しない、という状態になっています。
 転送先のファイル名にワイルドカードを指定する事は出来ません。転送元の指定にファイル名を省略すると*.*がファイル名として指定されたものとみなします。
 転送先のファイルが転送元のファイルよりも新しい、または同じ時は転送の是非を確認して来ます。y/n/aの何れかのキーを入力して下さい。yはそのまま転送します。nは転送はしませんが、転送元のファイルを削除します。aは処理を中断してMS−DOSに戻ります。

動作環境

MOVEの対応動作環境
ソフト名:MOVE
動作OS:MS-DOS
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 岡崎 俊彦 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード


「ファイルコピー」カテゴリーの人気ランキング

  1. zcopy 高機能ファイルコピー(ユーザー評価:4.5)
  2. ム〜ブ 高速マルチ移動&コピー ソフト(ユーザー評価:0)
  3. cpdir 指定directory下の全てのfileやdirectoryを、指定directoryにcopy又はmove(ユーザー評価:0)
  4. Kcp 拡張ファイルコピー(ユーザー評価:0)
  5. Advanced! CP ファイルの複写(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック