SCOPY

マルチウィンドゥ・メニュー型フォーマット&ディスクコピー


ソフト詳細説明

SCOPYはマルチウインドウメニュー方式により、ディスクの単独または交互フォーマットやディスクコピーを行うためのソフトウェアです
ただフォーマットやディスクコピーするのではなく、さまざまな拡張機能を持っています

・1ドライブでディスクコピーを行うことができます(かっ飛び機能とバッファ機能で、入替回数が最小限ですみます)。
・フォーマット直前にディスク内容を見ることが出来ます
・Ver 2.11以上のMS-DOSで使用可能です
・ハイレゾモードに対応しています
・かっ飛びディスクコピー(FAT情報解析による最少トラック読み書きディスクコピー)機能を備えています
・複数枚以上のコピー時に威力を発揮するマルチコピー機能を持っています
・自動運転を可能にする強力なコマンドラインオプションを備えています
・HDDへの自動移行機能を持った特殊IPLを備えています
・IPL、FAT、ルートディレクトリのみを更新する瞬時フォーマット機能を持ってい
ます
・5種類のディスクに対応しています
(1)98標準2HD,(2)98標準2DD,(3)2HC-1.2MB,(4)2DD-720KB,(5)2HC-1.44MB
・ドライブ指定,動作環境データ,ボリュームラベルを動作中にカスタマイズでき
ます
・対話方式の強力なカスタマイズユーティリティが付属しています(全項目のカスタマイズが可能で、SCOPY単体でもカスタマイズが行なえます)
・ボリュームラベルを自由に指定できます
・ドライブを2台使用した自動交互連続フォーマットが行えます
・ドライブを2台または3台使用したディスクコピーが行えます
・ドライブの交換チェック機能を持っています
・ディスクへのIPLの書込のみを行えます
・ディスクのベリファイのみを行えます
・フォーマット時にベリファイを行うことができます
・自動運転機能などを含めた豊富なコマンドラインオプションが使用可能です
・各処理終了時にウインドウによる通知表示が可能です
・EMS メモリが存在する場合、ディスクコピーのバッファとして使用します
・空きメインメモリの全てを無条件に、ディスクコピーバッファとして使用します
・MS-DOS Ver 5.0のボリュームシリアル番号に対応しています。DOSでのボリュームシリアル番号の管理方法がわからないため、日付と時刻を書込むようにしています
フォーマット時は、無条件に更新し、ディスクコピー時は、更新するかどうかを指定できます

動作環境

SCOPYの対応動作環境
ソフト名:SCOPY
動作OS:MS-DOS
機種:PC-98
種類:フリーソフト
作者: 藤田 勝敏 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

基本料金無料の『みんなの電子署名』

■関連キーワード

フォーマット  ウィンドゥ 


「コピー・フォーマット」カテゴリーの人気ランキング

  1. mei/moe MO disk formatter/medium removal controller(ユーザー評価:0)
  2. FMTC フロッピーディスク 再初期化ツール(ユーザー評価:0)
  3. INIT ディスク高速再初期化ユーティリティー(ユーザー評価:0)
  4. DCU(Disk Copy Utility) ディスクコピーユーティリティ(XMSメモリ・EMSメモリ対応)(ユーザー評価:3.5)
  5. DSKCPY 単にフロッピー・ディスクの複製をつくる(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック
基本料金無料の『みんなの電子署名』