DFE

DOSの8+3のファイル名制限を乗り越え、255バイトまでのファイル名を有効に


ソフト詳細説明

 このユーティリテイはDOSの8+3のファイル名制限を乗り越え、255バイト
までのファイル名を有効にするものです。
 動作原理はいたって簡単です。
 まず、DFEを起動するとメモリに常駐します。その際int21(とint29)を自分の
中にあるハンドラを指すように変更します。
 この状態でint21が発行されると、「パス名によるファイルアクセス」ファンクション
について秘かにある処理をします。他のファンクションについては基本的にそのまま
DOSに渡します。
 その処理とは、与えられたファイル名をそのディレクトリ中にあるファイルテーブル
に存在するDFEファイル名/DOSファイル名変換表に従って、DOSで許される
(8+3の)ファイル名に変換し、このファイル名でDOSを呼び直すということです。
ファイルテーブルは一つのディレクトリにただ一つ存在し、ファイル名は"________.___"
で、これは単なるテキストファイルです。

動作環境

DFEの対応動作環境
ソフト名:DFE
動作OS:MS-DOS
機種:汎用
種類:PDS
作者: 杉村 祐一 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

有効 


「ディスク用」カテゴリーの人気ランキング

  1. DESTROY ハードディスクの中を完全に消去(ユーザー評価:4.5)
  2. DCTRAP/ALLTRAP 空ドライブへカレントドライブを移動した場合不快なメッセージを抑止(ユーザー評価:0)
  3. harderr 致命的エラーを常に自動的に失敗/回避(ユーザー評価:0)
  4. FDDIAG フロッピーディスクのメンテナンス用(ユーザー評価:0)
  5. NR もっとも馴染みの濃いコマンド「DIR」の表示をカスタマイズ(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック