CX

フロッピィディスクの容量を越えるファイルのバックアップのために作成


ソフト詳細説明

 このCXの機能はフロッピィディスクの容量を越えるファイルのバックアップのために作成されました。具体的には、ハードディスク等の大容量ドライブで作成されたデータを分割してフロッピィディスク等の安価ではあるが容量の比較的少ないメディアへファイルを分割してバックアップします。例えば、10Mバイトのファイルがハードディスク内にある場合、通常のファイル転送は出来ませんが、CXを使用することにより2HDのドライブならおよそ1.2Mのファイルを9ないし10作成し、複数枚のディスクに分割保存を行ないます。また、CXによって分割されたファイルを自動で復元するモードもありますので、ディスクの保存管理をしておくだけで、大容量データのバックアップを行なう事が出来ます。以前はOG等を使用していたのですが、OGでは高速な代わりにメディアの書き込み不良が続出するケースが決して少なくなく、また自動圧縮等も行なわれないため事実上ハードディスクのバックアップでも特殊な場合を除いて使用できませんでした。そのうえ現在では100Mを越える大容量ハードディスクが安価で手に入り、LHA等のファイル書庫管理プログラム等も一般に普及してきています。そこで、大容量ディスクのバックアップや、巨大なファイルのバックアップ用にCXを作成しました。
 実際にハードディスクのバックアップにはLHA等の書庫管理プログラムにおいて、サブディレクトリー毎に1つの巨大な書庫ファイルを作成し、それをCXにてフロッピィディスクにバックアップする事が効率よくハードディスクのバックアップを行なえるようです。その他には、データベース等の巨大なファイルも扱えますので色々な場面で役に立つことでしょう。

動作環境

CXの対応動作環境
ソフト名:CX
動作OS:MS-DOS
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 広畑 由紀夫 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

バックアップ  容量  フロッピィディスク 


「バックアップ」カテゴリーの人気ランキング

  1. D2F FAT32対応 バックアップツール(ユーザー評価:4.5)
  2. ブリーフケース 強力ファイル更新ソフト(ユーザー評価:0)
  3. Back-up Test Restore tool LHAを使用したバックアップ・書庫テスト・リストアツール(ユーザー評価:0)
  4. Clone Maker あるpathの内容を別のpathの内容とまったく同じにコピー(ユーザー評価:0)
  5. CPTD 期日指定&職住間ディレクトリコピー(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック