PUSHE

環境を push, pop


ソフト詳細説明

pushe [path]
ルートの環境変数をファイルにセーブする.
path は、セーブファイルのpathの指定。デフォルトでは %DMARK% ->
%TMP% -> カレント.

pope [-a] [path]
1つ前の pushe された環境変数を復帰する.
-a は、環境を戻さずに、pushe のセーブファイルをクリアする.

[DOS 4.0以降では動かないと思います ]

動作環境

PUSHEの対応動作環境
ソフト名:PUSHE
動作OS:MS-DOS
機種:汎用
種類:PDS
作者: cron 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

push  pop 


「環境変更・表示」カテゴリーの人気ランキング

  1. KKCFuncサポートドライバ 日本語FEPの動作や切替のサポートをするドライバ(ユーザー評価:0)
  2. LPKKC KKCFUNC.SYS 互換ドライバ(ユーザー評価:0)
  3. DRVEXEC config.sysから何でも起動しちゃおう! 実行形式(ユーザー評価:4.5)
  4. DRVEXEC ソース config.sysから何でも起動しちゃおう! ソース(ユーザー評価:0)
  5. マルチ回転扉作成 HTMLのrefreshを使った時間指定、自動逐次画像表示(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック