CPMEM

CP/MのプログラムにMS-DOS用のエミュレーションルーチンを追加


ソフト詳細説明

いまさらの,CP/M−80エミュレーターです。
しかし、いままで発表されているのとはちょっと趣向がちがいます。(うーむ。I/O 1988.4に、載っているな〜〜〜)

特長

その1.いわいる常駐タイプではない。8080のプログラムがMS−DOSのCOMフアイルとして、動作するので MAKEなどのMS−DOSツールから使用できる。また、エミュレーターが常駐していない時や286のときに、うっかり起動して暴走するなどという事故がおこらない。

その2.V30CPU専用であるが、286で動作中のPC9801VXでも、無理矢理V30に切り替えて動作する。終了時には、何事もなかったかのように286にもどっている。

その3.MS−DOSの標準システムコールしか使ってないので、V30さえ乗っていれば他のマシンでも動作する。

その4.MS−DOS3.1でも2.1でも動作する。

その5.うっかり、本当のCP/Mや、エミュレーターで起動しても暴走しない。(02Aからの、改良)

動作環境

CPMEMの対応動作環境
ソフト名:CPMEM
動作OS:MS-DOS
機種:PC-98
種類:フリーソフト
作者: 浅川 倫之 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

ルーチン  エミュレーション  CP 


「CP/M 関係」カテゴリーの人気ランキング

  1. CP/M program EXEcutor 8086以上で動作する8080,Z80,64180エミュレーションのCP/Mエミュレータ(ユーザー評価:0)
  2. CPMEM CP/MのプログラムにMS-DOS用のエミュレーションルーチンを追加(ユーザー評価:0)
  3. CP/M(Z80)エミュレータ MS-DOS上で動作するCP/M(Z80)エミュレータ(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック